AOBAS

製品案内

業界別製作実績

ソリューション事例

「どこにもできなかったものを。」

悩み・ご要望

ある商社様が、当社がお世話になっている金融機関様から紹介を受けたと突然ご来社になりました。
「特殊な吸水棒の先端に小さく折り畳んだガーゼを被せて特殊クリップで固定する自動機を作りたい。現在はパートを何人も使ってやっているが手間と時間が掛かりかつ品質が安定しない。この方法だと1日2,000本が限度で客先要求を満たせられない。エンドユーザからは月10万本の製作をしたいと言われているが人の手当も不可能、何とかしてほしい。」とのこと。
装置の仕様としてガーゼは自動切断自動重ね折、特殊クリップも自動装着、完成品は自動排出、生産能力は一本7秒でした。お客様は当社に来るまでに何社も当たってみられたそうですが、技術、価格、納期に於いて対応できるところが無く困り果てていらっしゃいました。

解決への道

完成サンプルを見て非常に難しく困難を極めると思いましたが、お客様のお困りの度合いを拝見するにつれ、技術者魂を見せる好機と思い快諾をしました。お客様は半信半疑のようでしたが、当社の過去の製作歴を見てご納得され、着手の運びとなりました。
開発設計は困難を極め思考錯誤の連続、ですが当社の持っているリソースをフル活用し金型技術、空気圧制御技術、センサー応用技術などを駆使して構想から約7ヶ月で完成させました。結果は上々、お客様の要求仕様を守った上で、品質安定と生産性向上に多いにお役立てが出来、苦労が報われました。
お客様は装置と製品の出来具合をご覧になり、驚愕を示されました。
「よくこんなことができるな、素晴らしい!」の一言でした。

「業界の生産方式に革新を。」

悩み・ご要望

それは、ある分野において数十年に渡り、世界シェアNo.1メーカーであるお客様からのご要望でした。
「あるモータの組立工程に焼嵌め工程があるのだが、部材の昇温、時間管理、焼嵌め挿入精度、品質維持、歩留まりに於いて問題だらけである。これらの問題を一挙に解決できる自動化装置を作り、大幅な省人省力、省エネ、品質向上、歩留まり向上を図りたい。手法は御社に任せます。ちなみに現状はバッチ生産であるが、インライン自動生産にしたい。」(2008年当時の生産主流はバッチ生産でした。)

解決への道

技術的難易度は高く、かつ未知の分野でしたが、高周波技術の応用でお客様要求が叶えられそうだと直感しました。手法としては焼嵌め加熱の省エネ自動化、加熱温度の精度管理、挿入位置決め精度、冷却時間管理、生産サイクルタイム管理等々、いろんな難題に直面しながらも開発設計から完成まで約8か月の期間でやりとげました。
現在(2020年時点)ではこの生産方式は業界の標準となっています。
お客様の要求に完全に答えた装置の出来栄えに、当時(2008年)は大変な反響と感動を頂きました。
本装置を使っての結果は素晴らしく、当時としては革新的な生産方式で大量生産に大いに寄与できたことは、当社にとっても大きな喜びとなりました。

お客様からの声

お問い合わせはこちら